2014年12月29日

2014年も大変お世話になりました

2014年、最後の営業日となりました。

年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年も沢山の笑顔に会えたSASAYA-楽屋でした。

2014年はSASAYA-楽屋にとって大改革の年でした。去年の年末に移転を発表し、ありがたいことに閉店までの2ヶ月間も多くのお客様にご来店いただきました。その中で新店舗探し、店と住まいの引越し準備、子供の保育園の申し込み、新店舗設計〜工事、OPEN準備と怒涛の日々でした。

2人の子供のため、店を続けるためと決めた移転ではありますが、今まで大変お世話になったお客様のことや、新しい土地での挑戦に迷いや不安がないわけではありませんでした。移転の際には「寂しい」と言ってくださるお客様が沢山いて、それ以上私もに寂しい思いを抱えたことを覚えています。

新しい場所ではゼロからの出発だと覚悟を決めたつもりでした。それが、オープン数ヶ月前から少し様子が違ってきました。8年前、何も分からないところから世田谷でお店を始めた時よりも、随分いろんなことがスムーズでした。器や調理器具、厨房機器も継続して使えましたし、設計士や施工業者、仕入れ業者との関係もあまりギクシャクしませんでした。

世田谷のオープン当初にはガチガチに緊張し(それこそ味もわからないくらい)、来てくださったお客様に「ありがとうございました」と言うのが精一杯だった自分に比べると、新店舗のオープンは逢いたくてしょうがなかった方々にまたお会いできるのが嬉しくて仕方がないという気分でした。

世田谷の8年間で本当に育てて頂いたのだと改めて実感しました。不器用なやり方しかできず、恥ずかしい思い出も数しれず(今もですが・・・)それでもやってきてよかった。移転してでも続けられてよかったと今は思っています。

新しくはじめて続けることの大事さを実感しました。少しづつではありますが、地元のお客様とも親しい関係ができてきました。とても嬉しいことです。そして、移転してもご来店くださるお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

子供たちも新しい生活がとても楽しい様子です。毎日成長する彼らがとにかく元気をくれます。今ではすっかりおじいちゃん子のやんちゃ坊主。おじいちゃん大活躍。優しく、厳しく孫に接する姿はとても頼もしく、親にはできない距離で子供たちの世界を見つめてくれています。

来年2月には第3子となる女の子を出産予定です。ますます賑やかになるSASAYA-楽屋ファミリーをどうぞよろしくお願い致します。

私の産休中2月の(火)〜(木)の平日はランチ営業にさせていただきます。経堂1年目にお出ししていたリン君の「野菜とスパイスの玄米カレー」が登場します。インドカレー屋さんで働いていたリン君の作るカレーはは「幻のカレー」と言われ、未だにファンが多いです(笑)。どうぞ機会がありましたら足を運んでください。




年末にまとまりのないブログになってしまいました。

どうぞ、皆様よいお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

結ふ食 SASAYA-楽屋  店主。


posted by tomoko at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109022323

この記事へのトラックバック